董希ビョウ氏は、将来的には消費金融会社の増資需要がさらに強くなるとみている

また、最近開業した消費金融会社の業績はいずれも振るわず、小米消費金融の上半期の損失は6000万元を超え、陽光消費金融の開業から現在までの累計損失は1億3806億元だった。これらの消費者金融会社の資質は同様に良質な株主が保有しているが、市場は購入していない。業界関係者の分析によると、消金会社は金融業務を展開する際、資金コスト、リスクコスト、獲得コストの3つの主要コストは基本的に7%-8%に達し、さらに管理コスト、研究開発コストなどの各種コストを加えると、基本的にお金を稼ぐことはできないという。将来の増資需要はさらに強くなる不完全な統計によると、今年の杭銀消金、招連消金、尚誠消金、蘇銀凱基消金はすでに増資を完了した。ここ数年、城商行系消金会社の「内巻」の程度が深まり、消費金融会社の董監高が頻繁に変動し、業績が圧迫されているが、増資は規模のボトルネックを突破する最も効果的な方法の一つである。董希ビョウ氏は、将来的には消費金融会社の増資需要がさらに強くなるとみている。

[新闻看点]

詳細については、下をクリックして詳細を参照してください。詳細なレビュー


发表评论

Copyright 2002-2022 by 瑞爱特暖气片官网(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.